J-CLINIC

お電話からのご予約、お問い合わせはお近くの院まで。各院の営業時間はこちらをご覧ください。

  • トンロー院
  • プロンポン院
  • エカマイ院

なぜ、出産後に「骨盤ケア」が必要なのか?

こんにちは、J-CLINIC佐藤です。

バンコクでは、駐在帯同中にバンコクの病院でご出産される日本人の方がたくさんいらっしゃいます。
そこで、今回は出産後の「骨盤ケア」についてお話します。

出産後なぜ、「骨盤ケア」が必要なのか?

それは、出産後は骨盤が不安定になり、体の左右差のバランスが崩れるからです。

< 身体の左右差のバランスが崩れる原因 >

◆ 出産後6ヶ月間「骨盤を支える靭帯」をゆるめるホルモンが分泌している

◆ ハードな育児で筋肉の左右のバランスが崩れる

◆ 妊娠中・出産直後は、運動ができないため筋力が著しく低下している
※ 女性はもともと男性より筋力量が少ない分、骨盤が不安定になりやすいです。

< 左右差のバランスが崩れると何が起こるのか? >

◆ 骨盤が開き、脂肪がつきやすくなる

◆ 骨盤が開くことで、お尻が大きく見える

◆ 姿勢の歪みを助長し、身体の痛みに繋がる

これらの症状を引き起こさないために、J-CLINICでは次のような治療を行います。

<J-CLINICの骨盤ケア>

(1)マッサージによって育児による筋肉疲労を取り除き、左右のバランスを調整
(2)矯正治療で動きのわるくなった背骨に動きをつけ、正しい姿勢に
(3)「寝ながら筋トレ」で骨盤をサポートしている筋肉を鍛え骨盤を安定させる

なお、2017年7月末まで「寝ながら筋トレ」できる治療器フロイデを使った「産後骨盤ケアコース」のキャンペーンを行っています。

▼ キャンペーン情報