J-CLINIC

お電話からのご予約、お問い合わせはお近くの院まで。各院の営業時間はこちらをご覧ください。

  • トンロー院
  • プロンポン院
  • エカマイ院

第2回 心技道場 身体の悩み相談会

こんばんは、J-CLINICの佐藤です。

こちらは、第2回のレポートです。再び、タイ伝統医学士のパイ先生が「心技道場トンロー13(Home Place)」で、相談会を開催しました。

この相談会には、ボクシング2階級を制覇した元世界チャンピオンで、現在は先生として活躍されているコンパヤック選手も来てくださいました。

さらに、テコンドー、空手、ボクシング、ムエタイの先生方、前日の総合格闘技の試合で負傷された選手など計7人の方から相談いただきました。

▼患者様の症状を詳しく伺うパイ先生

【相談内容】

◆ 1年つづく肩の痛み
◆ 首の痛み
◆ 試合で足の指を負傷
◆ 試合でキックをガードしてスネを負傷
◆ 度重なる足関節捻挫で、足の外側を支える靭帯が弱った
◆ 右股関節、左膝が痛い

手技治療、筋肉をサポートするテーピング処置、試合で負傷した方で痛みが強い場合は、安静にすることを伝えました。

また、「肩の痛みを治すためインナーマッスルを鍛える必要がある」「首の痛みで姿勢改善が必要」など、継続した治療が必要なケースも。格闘技という負傷しがちなスポーツですが、放っておくと、その痛みをかばってパフォーマンスが落ち、かつ他の箇所の痛みに繋がります。痛みを感じる場合は、お早めに受診することをお勧めします。

今後とも、当院はバンコクで戦う皆様を応援していきます(^^)/

▼選手の方々とパイ先生