J-CLINIC

お電話からのご予約、お問い合わせはお近くの院まで。各院の営業時間はこちらをご覧ください。

  • トンロー院
  • プロンポン院
  • エカマイ院

つわりを鍼灸治療で緩和する

こんにちは、J-CLINICの吉田です。

今日は、当院のマタニティアケアのひとつ「つわりの鍼灸治療」を紹介します。

つわり(悪阻)の症状は様々。

始まる時期、期間、症状の重い・軽いなど個人差があります。

当院ではつわりの症状の場合、妊娠初期から治療可能です。

【 鍼灸治療で対象となる、つわり症状とは? 】

・吐き気
・嘔吐
・食欲不振
・食べつわり
・倦怠感
・頭痛
・眠気
・唾液量の増加
・足がつる
・耳詰まり・・・など。

【 鍼灸治療 】

つわりの中医学的な診断は大きく3つに分けることができます。

(1)脾胃虚弱/ひいきょじゃく(胃腸が弱る)
元々胃腸が弱い方に多く、嘔吐・吐き気に食欲不振や眠気を伴う

(2)痰飲阻滞/たんいんそたい(余分な水分が体内に滞る)
食べつわり、においに弱い、唾液の増加

(余談ですが、「食べつわり」で、フライドポテトとか無性にジャンクフードが食べたくなるってよく聞きます・・・。)

(3)肝胃不和/かんいふわ(ストレスや緊張で肝の気が鬱滞する)
食べては吐く、ストレス、頭痛やめまいを伴う

なお、鍼灸治療は妊娠中ということで鍼は手足や頭のツボにのみ打ちます。

お腹や腰はお灸中心の治療になりますのでご安心ください。

【 治療後、症状はどう緩和されるのか? 】

つわり自体の程度や内容に個人差が大きいので一概にどれくらいの通院頻度や回数で治るとは決められませんが、症状がきつい時は、2、3日おきに治療をすることをおすすめします。

落ち着いてくれば週に1回で十分です。

—————–
ちなみに、バンコクでつわりを体験した方々に伺うと、みなさま「ニオイがきつかった」とおっしゃいます。

慣れたはずの街の屋台のにおい、タクシーの車内のにおい、ゴミのにおい。雑多な感じの東南アジアの雰囲気が好きな方でも、つわりの時は家にこもりたくなったそうです・・・。

逆に、アヤさん(お手伝いさん)が雇うことができるので家事や上の子の育児を手伝ってもらえたり、食欲不振でも食べやすいフルーツが手に入りやすかったり、バンコクでマタニティ期を過ごせてよかったという声も。

つわりの最中は「もうすぐかわいい赤ちゃんに会える!」「病気ではないし、つわりはいつかは終わる・・・」と思って頑張る方が多いと思いますが、ツライものはツライですよね・・・・。

バンコクでつわりの症状でお悩みの方がいらっしゃいましたら、当院までご相談ください(^^)

< マタニティケア関連記事 >
妊娠性高血圧(鍼治療で血圧を下げる/上げる)