J-CLINIC

会社情報

お電話からのご予約、お問い合わせはお近くの院まで。各院の営業時間はこちらをご覧ください。

  • トンロー院
  • プロンポン院
  • エカマイ院

常夏バンコクでも快適な膝サポーター

こんにちは、J-CLINIC佐藤です。

アユタヤ絆駅伝でNote先生が膝に装着していたサポーター、ZAMST「JKバンド」(日本製)。

当院では、膝のお皿の下に古傷や慢性的な痛みをお持ちの方にオススメしています。

<サポーターの特徴>
お皿の下を適度に押さえ、お皿への負荷を軽減します。

🔷 自分で簡単装着
バンド形状なので、シューズを履いたままでも簡単に装着できます。
本体内側に取りつけられたPTパッドがお皿の下を適度に圧迫。これによってヒザ下にかかる負担を軽減します。

ちなみにバンドなので、常夏のタイでも蒸れないのがバンコクの皆さんにもウケています(^^)

もちろん、走っていてもしっかり固定されているので落ちません!

🔷 どのようなスポーツにも対応
硬質樹脂を使用していないので、ランナーだけでなく、バレーボール バスケットボール テニス ゴルフなど、様々な種目のスポーツに対応。プレーヤーの動きを妨げずに膝をサポートします。

🔷 テーピングとの違い
・装着が簡単。
・テーピングは長い期間使用していると皮膚のかぶれが心配ですが、サポーターはプレーするときだけ装着することもできます。
——————
こちらのJKバンドはじめ、バンコクJ-CLINICでは捻挫、肉離れ、腱鞘炎、ギックリ腰、外反母趾など、症状に合わせて“日本製サポーター”を処方しています。

関節をただ固定するだけでなく「日常生活で使いやすい」「スポーツをする時に邪魔にならない」など、個人のライフスタイルに合わせたサポーターを用意してますので、お近くの院にご相談ください(^^)

🔶アユタヤ絆駅伝2019
レセプションパーティに参加!アユタヤ絆駅伝
絆駅伝レポート2019・治療体験ブース編
絆駅伝レポート2019・テーピング編
絆駅伝レポート2019・みんなで走る編
常夏バンコクでも快適な膝サポーター
膝のケガ予防にJ-CLINICのテーピング

🔶 アユタヤ絆駅伝2018
アユタヤ絆駅伝2018 前夜祭に参加しました
感謝!アユタヤ絆駅伝2018当日レポート
「アユタヤ絆駅伝2018」がTV番組で紹介されました

🔶 アユタヤ絆駅伝2017
「アユタヤ絆駅伝2017」 に参加しました
毎日新聞で「アユタヤ駅伝2017」が取り上げられました