J-CLINIC

お電話からのご予約、お問い合わせはお近くの院まで。各院の営業時間はこちらをご覧ください。

  • トンロー院
  • プロンポン院
  • エカマイ院

バンコクで更年期障害に悩んだら、鍼灸治療(症状編)

こんにちは、バンコクJ-CLINIC吉田です。

患者様から「この症状は更年期かしら?」と相談されることが多く、少しでも症状緩和のお役に立てればと思いブログを書いています。

今回は女性の更年期障害をテーマに4回に分けて記事アップしていきます(^^)
――――――――――――
🔶バンコクで更年期障害に悩んだら、鍼灸治療(症状編)
🔶バンコクで更年期障害に悩んだら、鍼灸治療(治療編)
🔶更年期障害でなぜ漢方薬?
🔶バンコクで漢方治療。更年期障害でお悩みの方へ
――――――――――――
初回は、女性の更年期障害の症状についてのお話です。

<女性の更年期障害とは?>
女性の更年期障害とは一般的には、閉経をはさんだ前後10年間(45歳~55歳)を「更年期」と呼びます。

「急に顔がほてって、汗がどっと出る」
「理由なく、憂鬱になる、イライラする」
「生理の周期が乱れる」

これらは、閉経にともなう卵巣機能の低下により女性ホルモンであるエストロゲンが急激に減少、つまりホルモンバランスが崩れることで、自律神経も乱れてしまい引き起こされる症状です。

他にも、不正出血、息切れ、動悸、不眠、頭痛、めまい、吐き気、肩こり、腰痛、手足の冷え、ほてり、のぼせ、発汗、痒み、疲労感、食欲不振など、人によってさまざまです。

なかには、日常生活のストレスや不規則な生活などから女性ホルモンのバランスを崩して30歳代から若年性更年期障害を発症する方もいらっしゃいます。

<東洋医学から見た更年期障害>
中医学では主に「腎」が生殖機能と深く関わっています。

更年期には体全体の機能が低下しますが、特に「腎」の働きが自然現象として衰えていきます。

この「腎は元気の源」であり、体全体を温める力や臓腑や各器官に栄養を与え潤す力を備え調節する役割があります。

「腎」機能が低下して身体を温める力が弱まると、手足の冷え、むくみなどの症状が出てくる方も。

さらに下半身が冷えることにより上下のバランスが崩れて潤す力が低下すると、のぼせ、発汗、めまいなども引き起こすこともあります。

また「腎」は髪の毛や耳を司る経絡ですので、白髪や抜け毛、耳鳴りや難聴といった老化現象も見受けられます。
———————
いかがでしたでしょうか? 当てはまる症状がありましたでしょうか。

次回は、これらの症状に対するJ-CLINICの鍼灸治療を紹介します(^^)