J-CLINIC

お電話からのご予約、お問い合わせはお近くの院まで。各院の営業時間はこちらをご覧ください。

  • トンロー院
  • プロンポン院
  • エカマイ院

更年期障害でなぜ漢方薬?

こんにちは、バンコクJ-CLINIC吉田です。

よく「命の母は効きますか?」という質問をいただきます😅 (このお答えはブログの最後で・・・)

では、前回の更年期障害に対する鍼灸治療につづき、今回は漢方薬のお話です。
———————————
🔶バンコクで更年期障害に悩んだら、鍼灸治療(症状編)
🔶バンコクで更年期障害に悩んだら、鍼灸治療(治療編)
🔶更年期障害でなぜ漢方薬?
🔶バンコクで漢方治療。更年期障害でお悩みの方へ
———————————

<なぜ、漢方を選ぶ方がいるの?>
更年期は女性ホルモンであるエストロゲンが急激に減少するため、自律神経が乱れ、さまざまな症状を引き起こします。

したがって西洋医学では、女性ホルモンを直接的に補う、ホルモン補充療法が用いられることも。

そういった治療に抵抗がある方、またはホルモン補充療法ができない持病(血栓症がある、乳がんの既往歴があるなど)をお持ちの方など、「漢方を試してみようかな…」と来院されることがあります。

<更年期にオススメの漢方薬>
症状をヒアリングさせていただき、舌診・脈診などでお体の状態をチェックしながら患者様に合った漢方を処方。

東洋医学的に診断し、よくある4つのタイプとそのタイプに合った漢方薬を処方いたします。

1.肝腎陰虚タイプ・・・「六味地黄丸」
2.腎陽虚タイプ・・・「八味地黄丸(腎気丸)」
3.痰湿阻絡タイプ・・・「香砂六君丸」「小柴胡湯」
4.気血両虚タイプ・・・「八珍丸」「十全大補丸」
* 詳細は次回のブログで書きます(^^)

▼ 飲みやすい状態タイプを用意。

もちろん、効能・飲み方なども日本語でお伝えしますのでご安心ください。
———————————
さて「命の母は効きますか?」というご質問のお答えですが、

冷えやのぼせ、慢性疲労など幅広い範囲に効果がある分、処方される漢方薬と比べると特定の症状に特化しておりません。なので症状が重い方に効きづらいですが、症状が軽めで幅広い方にはおススメです。

と答えています(^^)

次回は、東洋医学的に考えた更年期障害のタイプと漢方薬について紹介しますね。

<関連記事>
肝斑は血行不良が原因? 漢方薬で肝斑治療
錠剤タイプの漢方あります。
胃腸の不調に効く漢方、プロンポンで処方します