J-CLINIC

会社情報

お電話からのご予約、お問い合わせはお近くの院まで。各院の営業時間はこちらをご覧ください。

  • トンロー院
  • プロンポン院
  • エカマイ院

バンコクで逆子を鍼灸で治療する

こんにちは、バンコクJ-CLINIC佐藤です。

当院ではつわり、鍼灸治療による産後の体調不良など産前産後ケアを行っておりますが、今回は妊娠後期のお悩み「逆子」に関する治療についてお話します。

先日、逆子治療で当院の鍼灸部門に通っていた患者様から「逆子が治りました」とうれしいご連絡をいただきました(^^)

【35週で鍼灸治療を開始したAさんの場合】
当院では中医師リンリン先生が脈診、舌診、お話を伺いながら患者様のお身体の状態をチェックし、診察を行っていきます。

中医学では逆子(骨盤位)を「胎位不正」といい、その要因を腎虚寒凝・脾虚湿滞・肝気郁結のいずれかと関係づけます。

今回、Aさんの身体の状態を「腎虚寒凝」であると診断。生殖機能を司る「腎」の動きが低下して、虚寒凝滞すると転胎する力が弱くなっていたと考えられます。その「腎」の働きを改善するため、当院では鍼とお灸による治療を行いました。

▼ お灸治療(麦粒灸)
手足のツボにお灸を置いていきます。

「熱い!」という感じではなく、心地よい程度の熱さなのでご安心ください。

この他にも棒灸を使う場合もあります。また、鍼治療も並行して行いますが、手足中心で施術し、お腹周りには施術はしません

今回は35週目に週3回、36週目で週2回通院していただき、5回目の治療の後赤ちゃんの体位が戻ったとご連絡をいただきました(^^)
――――――――――――――
逆子治療の治療結果に関しては個人差がありますが、バンコクで逆子にお悩みの方はご相談ください。→「お問い合わせ」日本語でどうぞ
※ ご連絡時に妊娠週数もお伝えください。こちらも個人差はありますが妊娠週数が進むと鍼灸治療では効果が出にくい場合があります。

<マタニティケア関連記事>
つわりを鍼灸治療で緩和する
妊娠性高血圧(鍼治療で血圧を下げる/上げる)