J-CLINIC

会社情報

お電話からのご予約、お問い合わせはお近くの院まで。各院の営業時間はこちらをご覧ください。

  • トンロー院
  • プロンポン院
  • エカマイ院

心技道場の秋山さまにインタビュー

こんにちは、J-CLINIC佐藤です。

今回は、「指導者アスリート応援チケット」をご購入いただきました、心技道場のオーナー兼コーチの秋山賢治さまにお話をうかがいました。

▼ お話をうかがった秋山さま。ブロックを足で・・・( ;゚Д゚)

全日本大会優勝6回、指導経験20年の実績をもっていらっしゃいます。

▼ 普段はかわいい息子さんの優しいパパです。

< 心技道場 >

心技道場では、プラカノン、スクンビット47、トンローの3ケ所にジムを構え、空手をはじめ、総合格闘技、ムエタイ、柔術、ムエタイフィットネスなどのレッスンを受けることができます。

▼ 心技道場コーチと会員様。

3歳の子どもから大人まで、たくさんの会員さまが通っています。

▼ 練習風景

<インタビュー>
佐藤:コーチの方々の体調管理について、課題に感じていることはありますか?

秋山さま:自分もコーチとして、体を動かして教えることが多いのですが、身体に疲労が蓄積されることが課題と感じています。

特に、コーチの多くが現役のMMA( Mixed Martial Arts)選手としても活躍しているため、ハードな練習と試合で身体を酷使し、ケガをしやすいことが課題です。

佐藤:その課題を解決するために取り組まれていることがあれば、教えてください。

秋山さま:普段のクラスでは、サポートをつけて2人体制で指導するようにしたり、休憩を入れたりしながら身体を休ませるよう配慮しています。

ケガ対策としては、今回購入した「指導者アスリート応援チケット」を活用し、コーチたちにメンテナンスの機会を提供しようと考えています。

佐藤:ありがとうございます。ちなみに、チケットはどのように活用される予定ですか?

秋山さま:チケットは、会社の福利厚生としてコーチに渡し、月に2~4回くらいJ-CLINICでメンテナンスする機会を提供しようと思います。

福利厚生として活用することで、優秀なコーチたちにケガなく競技生活を続けて欲しい。そして、指導者としても長く活躍してもらいたいです。

また、福利厚生があるということで、才能ある人材を求人しやすくなるのでは、とも考えています。

————————–

心技道場さまでは、「定額で毎日開講されるクラスに通い放題」というシステムのため、たくさんの会員様が日々熱心に練習されています。

したがって、コーチの方々も常にフル稼働、さらには試合にも出場しているので疲労が蓄積されやすいと思います。

そんなコーチの方々が怪我をしないように、指導者としてご活躍され、会員のみなさまが充実したレッスンを受けることができるよう、私たちも全力でサポートさせていただきます。

心技道場さまの情報は、FaceBookでご覧いただけます。