J-CLINIC

会社情報

お電話からのご予約、お問い合わせはお近くの院まで。各院の営業時間はこちらをご覧ください。

  • トンロー院
  • プロンポン院
  • エカマイ院

バレエで疲労骨折。再発を防ぐ治療とは?

こんにちは、バンコクJ-CLINIC村上です。
今回は、バレエを始めて5年が経つEさん(14歳)の疲労骨折の症状と、当院の治療についてお話します。

<疲労骨折とは?>
1回の大きな外傷でおこる通常の骨折とは異なり、骨の同じ部位に繰り返し加わる小さな力によって、骨にヒビが入る、また、ヒビが進んで完全な骨折に至る状態をいいます。

<バレエの練習で疲労骨折>
発表会やコンクールに出るため、ほぼ毎日練習に励んでいたEさん。

4ヶ月前に右足(外側)に強い痛み。すぐに大きな病院の整形外科に診てもらい「骨にヒビが入っている」と診断を受けてギブスを装着、練習は3週間ストップと言われたそうです。

しかし、練習再開後、同じ個所に痛みが再発。

▼ 右足外側

今度は歩けないほどの痛みに「捻挫かも…」と思いJ-CLINICに来院。足は腫れて、熱感がありました。

当院での診断結果は、オーバーユース(使い過ぎ)と股関節の歪みが原因で起こった疲労骨折。バレエの練習や普段の姿勢によって、右足外側に過度の負担がかかっていたと考えられます。

【J-CLINICの治療法】
・テーピングと包帯による固定
・筋肉の緊張を緩めるマッサージ
・痛みを取り除く超音波治療
・骨盤の歪みを矯正
・股関節の歪みを改善する関節モビライゼーション治療

▼ アスリートのパフォーマンスをサポートするキネシオロジーテーピング。

ブロックを使って骨盤を矯正

バレエの練習は治療開始1週間後には20%、2週間後には80%以上できるようになりました😊

その後は再発防止のため、体幹を鍛える、および内・外転筋群のバランスを整えるトレーニングを指導。

▼ 理学療法士がサポートします。

———
疲労骨折は、スポーツ選手に多い症状。短期的かつ集中的なトレーニングを行った場合に生じやすいです。

また、足の捻挫や骨折の場合、足だけではなく、股関節周りが原因となっていることも。再発しないためにも、根本治療でしっかり治しましょう。

<関連記事>
バンコクのバレエダンサー治療・メンテナンスはJ-CLINICで!
1.バレエで疲労骨折。再発を防ぐ治療とは?
2.バレエダンサーが股関節を痛める原因は?
3.バレエで股関節の開きが悪い、治療で改善できる?
4.バレエのジャンプで膝に怪我、練習再開はいつ?
5.バレエで足首捻挫、後遺症を残さないためには?
6. バレエで足親指が痛い、どこの筋力不足が原因?

<よくある症状関連記事>
繰り返す膝痛!ランナー膝は治るのか?
育児で腱鞘炎。鍋も子供も持てない。
寝違えた!自分で治そうとせず早めの受診を。
痛くて眠れない、洗髪も困難!五十肩
腰や膝などの手術後リハビリもJ-CLINIC
座っている時間が長い人は要注意! 脊柱管狭窄症
お尻、太もも、足先まで痛い!坐骨神経痛
捻挫で後遺症を残さない!早期治療とリハビリが重要です