J-CLINIC

お電話からのご予約、お問い合わせはお近くの院まで。各院の営業時間はこちらをご覧ください。

  • トンロー院
  • プロンポン院
  • エカマイ院

椎間板ヘルニア?!腰痛でまっすぐ立てない。

こんにちは、バンコクJ-CLINIC村上です。

今回は、長年腰痛持ちの方が出産後に症状がさらに悪化したケースを紹介します。

【まっすぐ立てなくなるほどの腰痛】
出産して1年経つ頃、腰に強い痛みを感じたRさん(在タイ3年・37歳)。

出産してから、骨盤が緩んでいるような違和感を感じたものの、育児に追われそのままでいたそうです。

我慢できないほどの痛みで育児どころかまっすぐ立てなくなってしまったRさんは、病院でMRIを撮り「椎間板ヘルニア」と診断受けました。そこでは、飲み薬(鎮痛剤)や注射(神経ブロック注射など)による治療を受けたそうです。

その後、痛みが改善せず、J-CLINICに来院。

来院時は痛みで左側に傾いた状態でしか立てず、太ももの裏には痺れが出ていました。歩く、抱っこ、仰向けで寝ることも困難な状態に。

当院の診断は「骨盤の歪み」と「お腹周りの筋力低下」による産後腰痛。

出産では骨盤が開くだけではなく、産後もホルモンの影響で骨盤が緩みやすくなっています。さらに抱っこ、おむつ替えで前かがみになるなど、腰に負担がかかる姿勢が多いです。

Rさんの場合、骨盤の歪みが原因で股関節にも痛みが出ていました。

【J-CLINICの治療】
・筋肉の緊張を緩めるマッサージ
・ハイボルテージ治療で痛みを緩和
骨盤矯正
・テーピングで腰をサポート
・筋トレEMSでお腹のインナーマッスルを強化
・股関節周りを伸ばすストレッチ

筋力が付きにくいRさんには筋トレEMSで体幹強化。トレーニングをしやすい体へ。

自宅でも続けられるトレーニングを理学療法士が指導。

痛みが強かったRさんは、初めの1ヶ月半は週2回通院。その後痛みが緩和し、通常生活を送れるようになってからは、治療だけでなく再発予防のトレーニングやストレッチを習慣化することを目指し週1回のペースで合計3ヶ月ほど通院されました。

———
椎間板ヘルニアもそうですが、腰痛の多くがお腹周りの筋力低下が原因です。つまり、根本治療をするためにはインナーマッスル・体幹の強化が不可欠となります。

産後は育児や家事で自分の体をケアする時間がとりずらいですが、Rさんのように腰の痛みによって、普通の生活が送れなくなることも。痛みが出る前に骨盤矯正で産後早い時期に骨盤を正しい位置に戻すことも腰痛予防のひとつです(^^)

J-CLINICの産後骨盤矯正

バンコクで腰痛でお悩みの方は、お気軽にJ-CLINICまでお問合せください。

【よくある症状】
脛の痛み・シンスプリントを治療する
バレエで疲労骨折。再発を防ぐ治療とは?
繰り返す膝痛!ランナー膝は治るのか?
育児で腱鞘炎。鍋も子供も持てない。
寝違えた!自分で治そうとせず早めの受診を。
痛くて眠れない、洗髪も困難!五十肩
腰や膝などの手術後リハビリもJ-CLINIC
座っている時間が長い人は要注意! 脊柱管狭窄症
お尻、太もも、足先まで痛い!坐骨神経痛
捻挫で後遺症を残さない!早期治療とリハビリが重要です