J-CLINIC

お電話からのご予約、お問い合わせはお近くの院まで。各院の営業時間はこちらをご覧ください。

  • トンロー院
  • プロンポン院
  • エカマイ院

不妊の原因(1)気滞血瘀

こんにちは、J-CLINIC吉田です。

これから、数回に分けて東洋医学的な観点から「不妊の原因」に関する記事をアップしていこうと思います。

第1回目の今回は、不妊の原因のひとつである「気滞血瘀(きたいけつお)」に関する症状、またその症状に対する鍼灸治療についてお話します。

【気滞血瘀とは?】

ひとことで言うと、「気が滞り、血がドロドロしている状態」をさします。

正確には、「気滞」と「血瘀」に分けられますが、「気滞」から「血瘀」へと順番に、または、ほぼ同時に症状が起こることが多いのでセットにされる事が多いです。

< 気滞の主な症状 >
・胸やお腹が張りやすい(特に生理前)
・イライラ
・自律神経の乱れ
・ガスやゲップが出やすい

< 血瘀まで症状が悪化すると >
・あざやクマが出来やすい
・経血にレバー状の血の塊が混じる
・肩こりや関節痛がある
・生理1,2日目の生理痛が重い

などの症状が挙げられます。

一般的にPMS(生理前症候群)の症状の多くが当てはまります。

それから基礎体温が高温期と低温期にきれいに分かれず、ガタガタと高い温度差があることも特徴です。

PMSだけでもつらいのですが、これが長引くと子宮筋腫や卵巣嚢腫、卵管のつまりを引き起こし不妊の原因となります。

【 J-CLINICの気滞血瘀治療 】

<鍼灸治療>

「気も血もまずは流す、とにかく流す!」

ちょっと言い方が雑ですが(^^;)
とにかく流します!

▼ 鍼灸治療で滞っている気や血を流します。

単純に気や血が滞っている方はこの時点で大分症状が緩和されていると思います。

気や血が少なくて流れが悪くなっている方(水の少ない川のような感じ)は、流れを良くしてから、足りない血や気を補っていきます。

▼ 美しい川のように・・・。流します(^^)

<漢方治療>
「逍遥丸(しょうようがん)」という漢方錠剤を用意しています。

肝の気の流れを良くし、血を補い、生理痛や生理不順を改善する効能があります。

【 鍼灸漢方治療で期待できる効果 】

効果が出始める治療回数は患者様の体質などにもよって異なりますが、早い方で1回目、遅くても1~2ヶ月(基本週1回ペース)。

治療後には、PMSや生理痛の症状が緩和されます。

さらに、治療を継続することで生理周期が安定し、子宮内の「瘀血(※)」も減り、受精卵が着床しやすい柔らかな内膜ができます。

※瘀血(おけつ):血がドロドロしている状態、内膜症の原因とも言われています。

―――――――――――――――

また、日常の食生活でも「気の流れ」を改善することができます。

気を巡らす効果があるセロリ、ミント、パクチーといった「香りの強い野菜」や、血流を司る「肝」に働きかける食材であるレバーなど。

飲み物では、身体を温める効果のある、紅茶、プーアル茶などがおすすめです。

★「気滞血瘀(きたいけつお)の症状をもつ方にお勧めの食材・飲み物」の詳細はこちら

そして、なにより「日々のストレス」が気滞血瘀の原因となりますので、なるべくストレスを貯めないようお過ごしください。
(と言いつつ、ストレスを貯めないように過ごすって簡単ではないですよね・・・― ―;)

次回は、「不妊の原因(2)痰湿(たんしつ)」の症状についてお話しする予定です。

バンコクで不妊治療に関するお悩みがありましたら、当院までご相談ください。