J-CLINIC

お電話からのご予約、お問い合わせはお近くの院まで。各院の営業時間はこちらをご覧ください。

  • トンロー院
  • プロンポン院
  • エカマイ院

人口受精・体外受精直前の鍼灸治療

こんにちは、J-CLINIC吉田です。

近隣の東南アジア諸国に住む日本人の方から、バンコクへ不妊治療にいらっしゃる方よりお問合せをいただくことがあります。

▼ 当院は日本語でのお問い合わせOKです。

そのお問い合わせの中でよくあるご質問が、「人口受精や体外受精の直前(特に当日朝)に鍼灸治療をすると効果的と聞いたのですが、お願い出来ますか?」という内容です。

こちらのご質問に対する、J-CLINICとしての回答は「YES」です(^^)

正直なところ、直前1回の治療でどれだけ効果が有るかは未知数です。

可能であれば、最低3ヶ月(週1ペース)で通院して頂くことをおすすめしています。

【 人工授精・体外受精前に行う鍼灸治療とは 】

受精卵が着床しやすいように、お腹を温めて内膜を柔らかくします。

居心地の良いベッド(柔らかい内膜)を用意すれば受精卵は体内に留まりやすくなります。

▼ J-CLINICの鍼灸治療

【 期待できる効果について 】

鍼灸治療によって、着床しやすくなるか?

◆ ボーダーライン上であれば、直前治療は効果があると言われています。

ボーダーライン上、つまり、着床 障害が原因で妊娠まであと一歩の状態。前回妊娠反応があったけれど維持できなかった、卵子には問題がない状態です。

◆ 内膜が薄い、お腹がかたい、冷える等、着床障害がある方には効果があります。

◆ 直前(当日・前日)が間に合わなければ翌日以降でも効果あります。
   
一方、卵胞自体に問題がある場合は効果が薄いと考えられます。卵の生育にはそれなりの期間が必要なため。
――――――――――

理想の通院期間は3ヶ月と申し上げましたが、お問合せをいただく方の中には、バンコクには通えない国や地域にお住まいの方も。

遠方、ましてや海外からの通院は大変ですよね・・・。

遠方の方には漢方処方や、ツボ押しと生活習慣の指導も行っています。

実際にメールで自宅施灸の指導をさせてもらい、1年近くかけて妊娠された患者様もいらっしゃいます!

また、日本で購入できる「千年灸」もオススメ。

どこのツボにお灸を置くかアドバイスします。

「直前に、何か出来ることを・・」と、WEB検索されて鍼灸治療に辿りついた方など、諸事情あると思います。

当院としては出来る限りの治療をしようと思いますので、まずはお電話でご相談ださい(^^)