J-CLINIC

お電話からのご予約、お問い合わせはお近くの院まで。各院の営業時間はこちらをご覧ください。

  • トンロー院
  • プロンポン院
  • エカマイ院

バンコクで卒乳・断乳後のケア

こんにちは、J-CLINIC吉田です。

日本人居住者が多いバンコクのスクンビットエリアでも日本語で相談できる母乳外来はほとんどない(たぶんない?!)と思うので、乳腺炎などおっぱいトラブルを抱えて困っているママさんもいらっしゃるのではないでしょうか?

そこで、今回は卒乳・断乳後のケアについてお話します。

下記のようなお悩みがある方はご相談ください。

(1) 母乳が詰まって乳腺炎のようになってしまった
(2) 溜まってしまった母乳をどのように搾乳していいかわからない
(3) 痛くて自分では絞れない

特に、3つ目の「痛くて自分では搾乳できない」という患者様、一緒に頑張りましょう。

正直なところ断乳中の搾乳はかなり痛いのですが、ここを乗り越えないと乳腺炎になりますので心を鬼にしてケアします(`・ω・´)

なお、ご案内から施術まで女性スタッフが対応します(^^)
――――――――

【 J-CLINICの断乳ケア 】

断乳中は体内に熱が溜まりやすくなるため、炎症を抑え体の熱を逃すツボに鍼をします。

▼ 当院では痛みが少ない0.16~0.2mmの日本製使い捨て鍼を使用。

鍼が苦手な方は搾乳ケアのみの施術も可能です。

【 通院頻度について 】

個人差はありますが、断乳してから、4日後、11日後、25日後、45日後の搾乳が必要な日に来院いただくことがおすすめです。

なぜ、この間隔の来院をおすすめするのか?

断乳は下記のように、「圧抜き」と「搾乳」を繰り返します。

<1~3日圧抜き> → <4日目搾乳> → <圧抜き> → <1週間後の11日目に搾乳> → <圧抜き> → <2週間後の25日目に搾乳> → <圧抜き> → <軽く母乳を出して圧抜き> → <4週間後の45日目に搾乳>

搾乳の間隔をあけることにより母乳の生成量も減っていくのですが、一方で古い母乳が残っていると乳腺炎を引き起こしやすくなります。

なので、この<搾乳>のタイミングでケアします。

※ 鍼灸漢方治療では、お得なクーポンも販売しているので、お気軽に受付でお問い合わせください。

---------
来院時には、断乳時におすすめのハーブティや薬膳茶、食事のアドバイスも行っています。

なお、断乳ケアをしないと乳腺炎になったり、次のお子様で授乳が必要なときに母乳が出ななくなるといった場合があります。

まずは、お電話でもかまいません。断乳後のケアお困りの場合は、お気軽にお問い合わせください。

★ 092-052-5255(鍼灸漢方専用TEL)まで。日本語OK(^^)/

<産後ケアの関連記事>
バンコクで乳腺炎になったら

なぜ、出産後に「骨盤ケア」が必要なのか?

産後の生理痛は楽になる?

ハーバルサウナで産後ケア