J-CLINIC

お電話からのご予約、お問い合わせはお近くの院まで。各院の営業時間はこちらをご覧ください。

  • トンロー院
  • プロンポン院
  • エカマイ院

そのシミは肝斑? 鍼灸治療で肝斑が消えた

こんにちは、J-CLINIC吉田です。
長い間、肝斑(かんぱん)に悩む患者様からうれしいお声をいただいたので紹介します。

<肝斑とは?>

ほほ骨に沿って左右対称性に、または目尻の下あたりに左右対称にあるシミ。女性ホルモンのバランスの乱れが原因といわれています。

< 鍼灸治療で肝斑が消えた理由・Kさんの場合>

結論から言いますと、PMS治療の副産物で肝斑も消えました!

Kさん(45歳・在タイ4年)はPMSの治療で来院。問診と触診するなかで胃腸の不調もわかり、PMSと胃腸の治療を週1通院でスタート。

そして、Kさんは上下のバランスが悪いタイプということも判明。

生理前の頭痛や吐き気など上半身を中心に強いPMSの症状、足元はかなり冷えるとのこと。

典型的な「気滞血瘀」(ストレスなどにより気や血が詰まり、滞る)症状です。

2回目の鍼灸治療の後で「生理前にお化粧でも隠れなかった肝斑がかなり薄くなってきました!」と嬉しいご報告が✨✨気滞血瘀の原因も根深くなく、慢性疲労や倦怠感などはないため、上下のバランスを整えるだけで症状がずいぶん改善されました。

「肝斑が出ると、そろそろ生理だな・・・とわかるほど、生理前は必ず出ていました。バンコクにきてからも私立病院の皮膚科で、クリームを処方してもらっていたけど治らなかった。」とKさん。長年、肝斑に悩んでいらっしゃったそうです。

治療3回目に、せっかくなので美顔ケアコースと組み合わせて、さらに美しくなっていただこう!と、「美容ケアコース」を提案。

美容ケアコースの美顔鍼

▼血行が良くなる ハーバルサウナも合わせて受けていだきました。

そしてこの治療の後、これまで生理前に必ず出ていた肝斑が出現しなくなったそうです。

--------------
現在もメンテナンスと体調管理を兼ねて、体調の良い低温期には美顔ケア、PMSの症状が現れる高温期には鍼灸治療を月1、2回づつ続けていただいています。

女性にとっては悩みのタネである肝斑ですが、化粧品やサプリで効果が出ない場合は体の内部からホルモンバランスを整える鍼灸治療が効果を発揮する場合があります。ぜひお試しください(^^)/

<関連記事>
モデルも芸人も美容鍼
美容ファースト芸人 in Thailand
美容鍼コースがBangkok madam「The Beauty」に掲載
女性のイライラ。PMSつらいです。
不妊の原因(1)気滞血瘀