J-CLINIC

お電話からのご予約、お問い合わせはお近くの院まで。各院の営業時間はこちらをご覧ください。

  • トンロー院
  • プロンポン院
  • エカマイ院

肝斑は血行不良が原因? 漢方薬で肝斑治療

こんにちは、J-CLINIC吉田です。

前回は「PMSの鍼灸治療で長年悩んでいた肝斑が出なくなった!」という患者様の症例を紹介しましたが、今回は漢方薬による肝斑治療についてお話します。

肝斑(かんぱん)は西洋医学ではホルモンバランスの乱れが主な原因とされていますが、中医学的にみると「瘀血(血行不良)」が原因とみなされます。

肝斑の症状が出ている方は大きく分けて以下の3つの原因が考えられます。

1. 気滞血瘀タイプの特徴

・PMS(頭痛・ニキビ・イライラなど)や局所的な生理痛がある
・ストレスや不摂生などにより、気や血の流れが体内で滞っている状態

✓ 気滞血瘀タイプの方にオススメの漢方薬
PMSで頭痛や吐き気があり、生理痛が強い方には「逍遥丸」。PMSでとくかくイライラがひどい方には「舒肝丸」。

2. 肝腎陰虚タイプの特徴

・手足のほてり、不眠、耳鳴り、腰や膝のだるさを伴う
・体内の水分が足りず(または滞り)、上半身がほてり下半身に冷感が出ることもある
 
✓ 肝腎陰虚タイプの方にオススメの漢方薬→ 六味地黄丸

3. 脾虚湿困タイプの特徴

・むくみやすい、慢性疲労や倦怠感を伴う、食欲不振
・血液や水分代謝を司る脾臓に湿(余分な水分)がたまり、瘀血を引き起こした状態

✓ 脾虚湿困タイプの方にオススメの漢方薬→ 帰脾丸
—————–
実際には上記3タイプが混ざっている場合や他の原因が上記の症状を引き起こしている場合もあります。一番多いのは「1.気滞血瘀タイプ」ですが、この場合PMSの症状が辛いので鍼灸治療による治療を希望されるパターンが多いです。

また状況により同じ漢方を飲み続ける場合もありますし、高温期と低温期で漢方の量や種類を変える場合もあります。

▼ 中医師が患者様ひとりひとりにあったお薬を処方(日本語OK!)

▼ 続けやすい錠剤タイプも用意しています。

ちなみに、肝斑の治療には美白化粧品は効果が出にくいと言われています。そして、紫外線で悪化することも😵💦!バンコクは年中紫外線強いので心配ですよね…☀☀☀(´;ω;`)

私自身も40歳前あたりから肝斑が出てきたのでいろいろ研究(?!)を重ね、試してきました✊

内服薬のトラネキサム酸でも効果が出にくい場合、一度鍼灸治療や漢方を試してみてはいかがでしょうか(^^)

漢方薬ですが、バンコクですとチャイナタウン・ヤワラートでも入手できますが、当院では日本語で細かく症状をお伺いしてからお薬を処方しています。バンコクで漢方薬をお探しの場合は、J-CLINICまでご相談ください。

< 関連記事 >
そのシミは肝斑? 鍼灸治療で肝斑が消えた
錠剤タイプの漢方あります。
モデルも芸人も美容鍼
美容ファースト芸人 in Thailand
美容鍼コースがBangkok madam「The Beauty」に掲載
女性のイライラ。PMSつらいです。
不妊の原因(1)気滞血瘀