J-CLINIC

お電話からのご予約、お問い合わせはお近くの院まで。各院の営業時間はこちらをご覧ください。

  • トンロー院
  • プロンポン院
  • エカマイ院

繰り返す膝痛!ランナー膝は治るのか?

ランナーのみなさま、こんにちは。

バンコクJ-CLINIC丹野です。バンコクもまもなく乾季に突入!

ベンジャリシ公園などで朝走っている方も多いですよね。

今回は、長距離ランナーによくある症状、ランナー膝についてお話します。

ランナー膝は治りにくいと言われていますが、根本治療で完治することができます。

<ランナー膝の原因>
膝の屈伸運動を繰り返すことにより、膝の外側にある腸脛靭帯が大腿骨外顆(がいか)とこすれあって炎症を起こして痛みを発症。

過剰なランニング時間・距離、ストレッチ不足、路面状況(硬い・凹凸がある)など、その要因はさまざまです。

<症状の特徴>
膝(大腿骨外顆)周辺に痛みが出でます。

初期は、ランニング後に痛みを感じますが、休めば痛みが消えるのが特徴です。

しかし放置して練習を続けると痛みは増し、走っている時も痛みを感じるようになります。しかし、この痛みも、走らなければ痛みはでません。

悪化すると、走らない時でも痛みが残ってしまいます。

<マラソンレースに出場予定のGさんの症例>
5ヶ月後にマラソン10Kmレースに参戦予定のGさん(在タイ3年・38歳女性)。

週3~4回、10Kmのランニング練習をしていたところ、練習後に左足の膝の外側に痛み。

初めのうちは、休んだりストレッチをしたりすれば痛みが消えたそうですが、休養を取っても痛みを感じるようになり、J-CLINICに来院されました。

問診の結果、膝だけではなく股関節の動きもよくないことがわかりました。

<J-CLINICの治療>
[STEP1]1ヶ月目:週2回通院
練習は1ヶ月ストップ。患部周辺のマッサージと、超音波治療で腸脛靭帯の炎症と痛みを緩和。

[STEP2]2ヶ月目:週2回通院
STEP1の治療を継続しながら、ストレッチ(腸脛靭帯、殿筋群など)を開始。軽いランニング(2km)を再開してもらい、痛みが出たら休むようにしてもらいました。

[STEP3]3ヶ月目:週1回
痛みを感じなくなってきたところで、3Kmと距離を延ばす。患部周辺の筋肉のトレーニングも開始。

その後、治療・トレーニングを継続しながら7km、10kmと練習距離を徐々に伸ばしてもらいました。3ヶ月後半には、全力で走行しても痛みがでないくらい回復。

‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐
レースまで残すところ2ヶ月!

現在、Gさんは週1回のメンテナンス治療を継続しながら、週3回の10kmの練習を実施(練習の翌日は休むことが大事です)。

いつか、フルマラソンに出場したいというGさんを引き続き、サポートさせていただきたいと思っています✨✨

J-CLINICでは、専門知識のスタッフが日本スタイルの治療でスポーツ障害も対応。

バンコクでスポーツに励むみなさま、痛みが出た際は、お気軽にお問合せください(^^)

【よくある症状関連記事】
育児で腱鞘炎。鍋も子供も持てない。
寝違えた!自分で治そうとせず早めの受診を。
痛くて眠れない、洗髪も困難!五十肩
腰や膝などの手術後リハビリもJ-CLINIC
座っている時間が長い人は要注意! 脊柱管狭窄症
お尻、太もも、足先まで痛い!坐骨神経痛
捻挫で後遺症を残さない!早期治療とリハビリが重要です