J-CLINIC

お電話からのご予約、お問い合わせはお近くの院まで。各院の営業時間はこちらをご覧ください。

  • トンロー院
  • プロンポン院
  • エカマイ院

耳鳴り・難聴を鍼灸で治療する。

こんにちは、バンコクJ-CLINIC吉田です。
最近、耳鳴り・難聴にお悩みの患者様の来院が増えています。

実際には音がしていないのに、何かが聞こえるように感じる現象を耳鳴りと言います。

また、この音が邪魔をして聞こえが悪くなる、小さい音が聞こえないなどの症状を難聴と言います。

原因は、過度なストレスや肩こりなどが引き起こす「耳周りの血流の悪化」、および加齢などがあげられます。

近隣諸国へのフライトで短期間に気圧の変動が重なったことで、三半規管の異常を引き起こすケースも。

さらに耳鳴りを引き起こす病気として・・・
・メニエール病
・突発性難聴
・自律神経失調症
・脳疾患などもありますので、耳鼻科など早めの受診をお勧めします。

ここでは、東洋医学から見る鍼灸治療を紹介していきます(^^)

実際に鍼灸治療に来られる患者様は、病院での検査の結果異常なしと診断されるものの薬を服用しても症状が治らない方が多数です。

<東洋医学から考える耳鳴り・難聴>

1. 風邪外襲
最初は風邪のような症状(悪寒、頭痛、鼻水など)から突然耳鳴り・難聴・閉耳感などが始まる。頭痛や悪寒、発熱を伴うことも。

2. 肝胆火盛
イライラやストレスが重なった後、突然発症することが多い。頭痛、顔面部のほてり、喉の乾き、便秘などを伴うことも。

3. 痰火郁結 
セミの声のような耳鳴り、または難聴となる。めまいや息苦しさを伴うことも。

4.腎虚
徐々に難聴が悪化し、夜間に耳鳴りがする。不眠や立ちくらみ、足腰の冷えを伴う。

5.脾胃虚弱
過労やストレスで悪化、休息をとると軽減する。疲労感や食欲不振など胃腸症状を伴う。

1と2は突然発症、3〜5は慢性化している方が多いのですが、いくつかの症状がミックスされていることもあります。

<耳鳴り・難聴の鍼灸治療>

耳鳴り・難聴の患者様への治療は耳周り筋肉や耳につながる首・肩の筋肉をほぐします。同時に上記の東洋医学的な治療で手足や体幹(お腹や背中)への鍼灸を行います。
 
<通院頻度>
耳鳴りが原因でJ-CLINICに来院される患者様の場合、急性の方は2~3週間(週1、2回)で改善されることが多いです。

▼ 問診しながら治療計画を作成します。

慢性化されている方は無理のないペースで1~2週間に1度の通院。悪化させない・発症させないことを目標に長期的に治療に取り組みます。

患者さまによって異なりますが、不眠や胃腸不調など他の症状などの治療も行い、体全体の体質改善を行いながら耳鳴り症状を改善していきます。
———————
耳鼻科など西洋医学で効果が見られない場合など、一度ご相談にいらしてください。

なお、腎虚や脾胃虚弱タイプの方には漢方の併用もお勧めです(^^)漢方についても、別途ご紹介します。

【 よくある症状 】
そのシミは肝斑? 鍼灸治療で肝斑が消えた
ストレスが原因?過敏性腸症候群の鍼灸治療
バンコクの雨季は長い! 雨季と頭痛の関係性
「なんだか調子が悪い」を鍼灸治療で解消しませんか?
鍼治療で血圧を下げる/上げる