J-CLINIC

お電話からのご予約、お問い合わせはお近くの院まで。各院の営業時間はこちらをご覧ください。

  • トンロー院
  • プロンポン院
  • エカマイ院

バレエで股関節の開きが悪い、治療で改善できる?

こんにちは、バンコクJ-CLINICプロンポン院・丹野です。今回は、股関節の開きを改善するための治療を紹介します。

「長年クラシックバレエをやっているのですが左の股関節の開きが悪くて」と相談に来た、バレエダンサーのBさん(バレエ歴25年・35歳)。お話を伺うと、5年以上悩んでいたものの治療で改善できることは知らず、自分でストレッチで治せないか試みていたそうです。

ここ数ヶ月は開きが悪いだけでなく痛みを伴うようになり、お知り合いの紹介で当院にいらっしゃいました。

<Bさんの症状>
🔷股関節を開くストレッチをすると左の股関節が開きにくい(浮いてくる)
🔷前後の開脚時も左だけ開きにくい
🔷練習量が増えると左股関節に痛み
🔷内側に左股関節を回した時に痛み

<左の股関節の開きが悪い原因>
🔷左の「お腹の奥の筋肉(腸腰筋)」と「お尻の筋肉(殿筋)」が硬い
🔷右の殿筋も硬い

<J-CLINICの股関節の開きを改善する治療>
🔶左の腸腰筋・殿筋、右の殿筋にマッサージで動きをつける

🔶超音波治療で手では届かない深部の筋肉に動きをつける

🔶腸腰筋と殿筋に鍼治療。深部の筋肉にピンポイントで刺激を加えることで、さらに動きをつけていきます

自分で行うストレッチだけでは硬くなった表層の筋肉しか伸ばすことができませんが、当院の治療ではインナーマッスルにも動きをつけるので、効率的に開きを改善することができます。
――――――――――――
Bさんの場合長い間、股関節の違和感を放置していたこともあり、3回目の治療後から股関節の動きがよくなってきました。

股関節が改善された今でも、身体全体のバランスを整えるため週1~2回のペースでメンテナンス治療にいらっしゃっています。

バレエは通常の身体の可動域を超えた動きが求められるため身体への負担も大きく痛みが出やすいダンスです。練習後のストレッチなどのセルフケアも大切ですが、治療で身体の歪みを定期的にチェックすることで怪我予防にもなり、また美しく踊るための身体づくりもできます。

なお、もし痛みや違和感を感じた場合は早めに受診をお勧めします(^^)

<関連記事>
バンコクのバレエダンサー治療・メンテナンスはJ-CLINICで!
1.バレエで疲労骨折。再発を防ぐ治療とは?
2.バレエダンサーが股関節を痛める原因は?
3.バレエで股関節の開きが悪い、治療で改善できる?
4.バレエのジャンプで膝に怪我、練習再開はいつ?
5.バレエで足首捻挫、後遺症を残さないためには?
6. バレエで足親指が痛い、どこの筋力不足が原因?

――――――――――――

治療の様子は動画でご覧ください。

▼ J-CLINICの治療コンセプト紹介動画

▼ J-CLINICのアスリート治療紹介動画

その他、ご不明な点があれば最寄のJ-CLINICまでお問合せください。日本語でどうぞ(^^)