J-CLINIC

お電話からのご予約、お問い合わせはお近くの院まで。各院の営業時間はこちらをご覧ください。

  • トンロー院
  • プロンポン院
  • エカマイ院

使い過ぎでスイングができないほどの肘痛

こんにちは、バンコクJ-CLINICトンロー院・村上です。

今回はゴルフで右肘を痛めた方の症例を紹介します。

日本にいた頃からゴルフ好きで、来タイしてからは週1ペースでラウンドに出ていたTさん(40代・在タイ3年)。

バンコク生活が長くなると、会社、友人知人から誘われることも多く週2回コースをまわることも。

それに加えて、平日夜週1回のゴルフレッスンにも通っていたそうです。

そんなTさんは、1~2ヶ月前からプレー中と終わった後に右肘に違和感、次第にクラブを振ると痛くてスイングができないほどまで悪化。

ついに、物を持ったときなど日常生活でも痛みを感じるようになり、不安を感じて来院されました。

身体のバランスと肘の痛みの状態などを確認、またゴルフの練習についてお伺いしたところ主な原因は2つ。

🔷 使い過ぎ(オーバーユース)による筋肉の炎症
🔷 2ヶ月前にスイングを変更。肘に負担がかかっていた。

< J-CLINICの右肘治療 >
🔶 筋肉の緊張を緩めるマッサージ
🔶 ハイボルテージ治療器による疼痛・鎮痛緩和
🔶 テーピングで痛みを緩和し、患部をサポート
🔶 再発防止のためのストレッチ&トレーニング指導

▼ J-CLINICのアスリート治療 紹介動画

―――――
Tさんは痛み酷かった1週目は週2回で通院、プレーもお休みしてもらいました。痛みが落ち着いた後はラウンドの前後に来院、メンテナンス治療と痛みが再発しないトレーニングに取り組んでもらっています。

バンコクは気候も良く、ゴルフ場も魅力的なことから、公私ともにゴルフをする機会が日本より多いと聞きます。身体に疲労を感じる、痛みがあるといった場合はお休みすることが一番ですが、どうしてもお休みできない&回数を減らせないという方は、定期的なメンテナンス治療をおすすめします。

また、筋肉の炎症症状は対処が遅くなると治る期間が長引きます。違和感があるな、少し痛いなと感じた時は早めに受診してください(^^)

<関連記事>
使い過ぎでスイングができないほどの肘痛
ゴルフのスランプは身体の歪みが原因?!
ゴルフバックを持ち上げたらギックリ腰!
ゴルフ肘・テニス肘の予防ストレッチ(動画30秒)
スイング時に肘の外側が痛みませんか?
スイングの時に腰が痛みませんか?
ゴルフで腰痛になるのは、なぜ?