J-CLINIC

お電話からのご予約、お問い合わせはお近くの院まで。各院の営業時間はこちらをご覧ください。

  • トンロー院
  • プロンポン院
  • エカマイ院

ぐっすり眠れていますか?

こんにちは、JーCLINIC吉田です。

本日のブログは「不眠症」についてです。

「充分に眠ることができない」というお悩みで来院される方で比較的多いのは、育児が忙しいママです。

また、更年期障害が始まった女性も。

「不眠症」は主症状でなくても、男性女性・年齢層など幅広い患者様がご相談にいらっしゃいます。

< 不眠症はいくつかのタイプに分かれます >

▼ 寝つきが悪い? 悪夢をよく見る? 該当する症状はありますか?

【 西洋医学的な所見・4タイプ 】

(1)入眠障害:寝つきが悪い。

(2)中途覚醒:夜中に何回も目が覚める。

(3)早朝覚醒:朝早くに目が覚め、そのまま眠ることができない。

(4)熟眠障害:睡眠時間は確保しているが、十分に眠った感じがしない

【 東洋医学的な所見・5タイプ 】

(1)心脾両虚
  夢が多い、立ちくらみ、顔色が悪い、動悸。

(2)心胆気虚
  悪夢で目が覚める、小さな事にビクビクする。

(3)陰虚火旺
  寝つきが悪い、手足が火照る、めまいや耳鳴り、口が乾く。

(4)肝郁化火
  入眠障害、怒りやすい、頭痛、便秘。

(5)痰熱内憂
  睡眠不安、胸が苦しい、目眩、口内が苦く痰が多い。

また不眠だけを訴える患者様は少なく、大抵の方がや頭痛や胃腸障害など、自律神経失調症の症状も併発されていることがほとんどです。

そして「眠ることができない」=「自律神経バランスの崩れ」の悪循環に陥ってしまう方も多いのです。

「不眠症」の方は自律神経が集中する、肩甲骨の内側がカチコチになっています!

治療内容は患者様の症状より異なりますが、背中や首だけでなく手足などにも鍼治療を行い、身体全体のバランスを取っていきます。

【 不眠症の漢方薬 】

「不眠症」には漢方薬も効果があるといわれています。

・帰脾丸
・柏子養心丸
・天王補心丹

など、当院では患者様の症状に合わせた漢方薬を処方します。

▼ 錠剤タイプの漢方薬。

---------

バンコクで「最近ぐっすり眠ることができない」などのお悩みがありましたら、お気軽にJ-CLINICまでご相談ください(^^)