J-CLINIC

お電話からのご予約、お問い合わせはお近くの院まで。各院の営業時間はこちらをご覧ください。

  • トンロー院
  • プロンポン院
  • エカマイ院

胃腸の不調に効く漢方、プロンポンで処方します

こんにちは、J-CLINIC吉田です。

今回は胃腸の不調に効く漢方薬を紹介します。

雨季真っ只中のバンコク☔☔☔

雨季は胃腸の不調を訴える方が増加します。

特に今年は雨季突入が5月上旬と例年より早く、3ヶ月経った現在、胃の重だるさで来院される方が多くいらっしゃいます。

胃腸が重い・だるいといった原因は「湿」が徐々に体内に溜まっていくこと。

つまり、雨季の後半に症状が悪化する傾向があります。(バンコクの雨季は10月くらいまで続きます!)

<J-CLINICで処方している3つの漢方薬>

1.保和丸
▼ 対象症状
・食べ物が胃に溜まっている感じがする
・胃や腸が張っている
・息が臭い、またはげっぷが多い
・下痢

腹部膨満感や消化不良に効果のある「山楂」をメインに麹の一種である「神曲」、胸のつかえを取る「半夏」などを配合。食べ過ぎなどによる急性の胃腸疾患におすすめです。(注:妊娠中は服用できません)

▼ 胸のつかえを取る「半夏」

2.香砂養胃丸
▼ 対象症状
・食欲が湧かない
・吐き気がある
・胃酸が上がる
・体がだるい
・虚弱体質による下痢

虚弱体質による胃腸症状に効果のある「四君子湯」に消化不良に効く「平胃散」、さらに胃腸の働きを改善する「香附子」「縮砂」などを配合した漢方薬です。

3. 香砂六君丸
▼ 対象症状
・消化不良
・少量の食事でお腹が張る
・下痢気味
・寒気(特に腹部)
・痰

体の冷えやむくみ取りに効果のある「白朮」(切迫流産にも効果あり)、疲労回復に効果のある「党参」、むくみに効く「茯苓」などを配合し、穏やかに胃腸を温めます。「2.香砂養胃丸」と同様の生薬がいくつか配合されていますが、どちらかというと症状の軽い患者様向けの漢方です。

▼ むくみに効く「茯苓」

< その他 >
・慢性の胃腸不良、便秘と下痢を繰り返す症状
胃腸症状の漢方薬ではなく、基礎体力や抵抗力を上げる漢方薬、または自律神経を整える漢方薬、水分代謝を整える漢方薬など、症状によって処方。

・原因が明らかな(食べ過ぎ・飲み過ぎ等)急性の胃腸症状は1週間より処方が可能です。

----------------
<なぜ、漢方薬にシフトするの?>
症状によっては病院のお薬を服用する必要がありますが、漢方薬にシフトした患者様に理由を伺ってみました。

・病院からたくさんの胃薬を処方されたが毎日服用するのが辛い
・長期間、薬を服用したくない
・慢性症状なので身体に負担の少ない薬を選びたい
・頑張って飲んだけど症状が改善しなかった

などなど。

なお、当院では細かい問診のもと、本場中国で学んできた中医師リンリン先生が問診&診断。そして、日本語で相談OKです!私も一緒にお話しを伺い、処方の際も通訳します。

また、初めての方でも飲みやすい錠剤タイプの漢方を用意。

<過去記事: 錠剤タイプの漢方あります。

バンコクですと中華街ヤワラートで購入するという方もいらっしゃいますが、タイ語・中国語対応ほとんどです。たまに、英語OKのところも。

バンコクスクンビットで、日本語で漢方薬をお求めの場合は、お気軽に当院までご相談ください(^^)

J-CLINICの鍼灸漢方治療部門は、スクンビットソイ31にあるプロンポン院内です。

<関連記事>
記事内で漢方薬を紹介しています。
不妊の原因(1)
不妊の原因(2)痰湿
不妊の原因(3)腎虚
産後の生理痛は楽になる?
ぐっすり眠れていますか?
ストレスが原因?過敏性腸症候群の鍼灸治療
暴飲暴食に保和丸 or パクチー