J-CLINIC

お電話からのご予約、お問い合わせはお近くの院まで。各院の営業時間はこちらをご覧ください。

  • トンロー院
  • プロンポン院
  • エカマイ院

痛くて眠れない、洗髪も困難!五十肩

こんにちは、J-CLINIC丹野です。

「動かしても動かさなくても痛い」「肩が上がらない」など中高年から増えてくる五十肩。今回は実際の症例を紹介しながらJ-CLINICの五十肩治療についてお話します。

ちなみに英語で五十肩は“ frozen shoulder ”と言うそうです。年齢を感じさせない名称、いいですね。

<五十肩の症状>
・腕が思うように上がらない
・肩がズキズキ痛む
・寝返りを打つと痛みで目が覚める
・背中まで腕が回らない
・夜間に痛くて目が覚める
・髪を洗う時など、腕を上げると痛みがある

こんなに症状があると、痛いだけでなく生活する上でかなり不便です💦

なお、五十肩のはっきりした原因はわかっていませんが、慢性的な肩こりにより血液が悪くなり肩関節周囲の組織に十分な栄養がいかない場合、五十肩を発症しやすいともいわれています。

<J-CLINICで治療した五十肩の症例>
バンコク在住のSさん(48才・在タイ10年)は2ヶ月前に右肩の痛みを感じ、腕が上がりにくくなったそうです。

2ヶ月間その痛みを放置していたところ、ある夜眠れないほどの右肩の痛みで目を覚まし、翌朝は洗髪・服を脱ぎ着することも困難なほど腕も上がらなくなってしまい、J-CLINICに来院されました。

肩関節を検査したところ、手を背中に回すこともできない状態。治療には4ヶ月を要しました。Sさんの治療の流れは下記の通りです。

【急性期・約2ヶ月】
週2、3回来院、マッサージ・超音治療で鎮痛治療。初日には鎮痛剤も処方。

【拘縮期・約2ヶ月】
2ヶ月後拘縮期に移行。週2回通院で、これまでの治療に鍼治療も加えることで血行を良くして関節可動域の改善をはかりました。さらに低負荷インナーマッスルトレーニング指導を行いました。

現在は、回復期として1ヶ月に1度、メンテナンス治療に来院されています。
――――――――――――――
上記にも書きましたが、J-CLINICでは五十肩の治療を3ステージに分けて治療を行います。

1.急性期(炎症期)…眠れないほど痛い。

2.拘縮期…痛みは取れたけど腕が上がらない。

3.回復期…筋肉の伸縮性も可動域も改善。発症前の状態に戻すことを目指す。

それぞれのステージに合わせ、急性期は痛みを取るマッサージ・超音波治療、拘縮期には鍼治療を加え関節の可動域、筋肉の伸縮性の改善を目指します。

▼ 痛み緩和に効果的な超音波治療。

▼ 血行を良くする鍼治療。

そして、五十肩は痛みが取れて、腕があがったら完治!ではありません🙅🙅

回復期には、さらにインナーマッスルトレーニングによって筋肉をつけて肩関節を安定させ、発症する前の関節可動域に戻ったら完治です✨✨🙌

▼ ゴムバンドを使ったトレーニング。

五十肩も早期治療、そして完治するまで根気強く治療することが重要です。バンコクで五十肩かも?!と感じたら、J-CLINICにご相談ください。

【よくある症状】
腰や膝などの手術後リハビリもJ-CLINIC
座っている時間が長い人は要注意! 脊柱管狭窄症
お尻、太もも、足先まで痛い!坐骨神経痛
捻挫で後遺症を残さない!早期治療とリハビリが重要です