J-CLINIC

お電話からのご予約、お問い合わせはお近くの院まで。各院の営業時間はこちらをご覧ください。

  • トンロー院
  • プロンポン院
  • エカマイ院

バレエで足首捻挫、後遺症を残さないためには?

こんにちはバンコクJ-CLINICプロンポン院・丹野です。今回はバレエダンサーの「足首捻挫」のお話です。

トウシューズを履いて爪先でジャンプしたり、ポワント(つま先立ちの姿勢)したり、言うまでもなくバレエは足首に負担がかかります。

Eさん(バレエ歴8年・18歳)は練習中・左足首を捻挫。発表会を3ヶ月後に控えているということで、練習量が増えている時期でした。

<Eさんの捻挫の原因>
原因は左股関節の動きが悪かったこと。

Eさんは股関節を開こうとする時、股関節の動きが悪いので膝関節を開くことで股関節を開こうとしていました。膝関節が開くと連動して足首も開きます。足首が開いたままポワントやジャンプの練習をしていたことで、足首に強い負荷がかかり捻挫に至りました。

股関節の動きが悪かったり、左右差が出ているとと膝や足首の故障に繋がります。

<J-CLINICの治療>
・マッサージと超音波治療による足首の痛みを緩和
・左股関節の動きを改善するため、股関節・殿筋・腸腰筋(お腹の筋肉)に動きをつける治療
・怪我の再発のためのトレーニング、ストレッチ指導

気を付けていただきたいのは「ただの捻挫だから」といって、自己流でケアしたり、受診しても痛みがなくなったら治療を自己判断で終了しないことです!

最後まで治療・リハビリをしっかりやらないと、同じ個所の捻挫を繰り返したり、膝・股関節・腰の痛みが出たり、さらには大きな怪我に繋がったりすることも。

今回の捻挫の原因は左股関節でしたが、他の箇所の関節が硬い、筋力の左右差に問題がある、といったケースもあるので、原因を突き止め根本治療することをお勧めしています。
――――――――――
そして、捻挫をしてしまった場合はすぐアイシングすることを覚えておいてください。アイシングをするとしないとでは、治る早さが違います!

重症の捻挫の場合は靭帯が完全に断裂しているケースも。その場合は、ひどい腫れと大量の皮下出血が伴い、足首や膝の場合は歩行困難になります。

その場合も応急処置を行い、できるだけ早く来院してください。

完治までの通院期間は症状によって異なりますが目安としては3週間~2ヶ月。当院では、保険適用(医師の診断が必要)も可能ですのでご相談ください。

<関連記事>
バンコクのバレエダンサー治療・メンテナンスはJ-CLINICで!
1.バレエで疲労骨折。再発を防ぐ治療とは?
2.バレエダンサーが股関節を痛める原因は?
3.バレエで股関節の開きが悪い、治療で改善できる?
4.バレエのジャンプで膝に怪我、練習再開はいつ?
5.バレエで足首捻挫、後遺症を残さないためには?
6. バレエで足親指が痛い。原因は太ももの筋力不足?

――――――――――――
J-CLINICの治療の様子は動画でご覧ください。

▼ J-CLINICの治療コンセプト紹介動画

▼ J-CLINICのアスリート治療紹介動画

その他、ご不明な点があれば最寄のJ-CLINICまでお問合せください。日本語でどうぞ(^^)