J-CLINIC

お電話からのご予約、お問い合わせはお近くの院まで。各院の営業時間はこちらをご覧ください。

  • トンロー院
  • プロンポン院
  • エカマイ院

腰や膝などの手術後リハビリもJ-CLINIC

こんにちはJ-CLINIC丹野です。
今回は、当院の手術後リハビリテーションについてお話します。

当院では、椎間板ヘルニア、膝の前十字靭帯や半月板などの術後リハビリテーションを行っています。

▼ 手術を受けたら終了ではありません、再発防止のためにはリハビリが必要!

それらの手術後の治療としては、痛みや痺れなどが出ている場合はマッサージ・超音波治療(ハイボルテージ)・鍼治療などで痛みを緩和。

筋肉が弱くなったり硬くなったりしている場合は、トレーニングで筋力アップ、ストレッチで筋肉や関節の柔軟性を回復させるリハビリを行います。

実際に来院された患者様の症例を紹介します。

<椎間板ヘルニア手術の後にリハビリを実施>
バンコクで働くEさん(40代・男性)、腰部椎間板ヘルニアを患い、半年前に第4~5腰椎の手術を受けたそうです。

手術後退院、仕事復帰してから約2ヶ月後が経ち徐々に腰痛が再発。

さらに右のお尻~右ハムストリング(太もも)にかけて、だるさと痺れを感じるようになったそうです。

仕事が忙しく、デスクワーク時間が長くなるにつれ痛みと痺れも悪化。椎間板ヘルニアの再発を恐れ、お友達の紹介で当院を知り、来院されました。

<J-CLINICの治療の流れ>
Eさんからのご要望は「身体の痛みと痺れをなくして、長時間座っていても大丈夫な体にしたい。」、そのゴールを達成するため治療計画を作成しました。

✔ 1ヶ月目……週2回通院
マッサージと超音波治療によって痛みを緩和、および痛みの原因となっている筋肉をほぐす。最後にはストレッチ指導。また、仕事中は1時間に1回立ち上がり、社内を歩いてもらう。

✔ 2ヶ月目……週2回通院
継続して筋肉の痛みを緩和する治療を行い、弱くなった筋力を戻すためにトレーニングを開始。体幹、臀部、大腿部を鍛える。

✔ 3ヶ月目……週1回通院
マッサージ・超音波治療・ストレッチ&トレーニング指導を継続。

当院で治療&リハビリを開始して2ヶ月経過した頃から、長時間座っていても痛みと痺れが出なくなったそうです。

ストレッチやトレーニングに関しては、治療が終了した3ヶ月後には習慣化しました。

-------
実際、手術を受けた病院でもトレーニング指導を受けたEさん。しかし、それは1ヶ月くらいしか続かなかったそうです。

なぜ、J-CLINICでは続けることができたのか❓❕

J-CLINICの手術後リハビリの特徴は、初期・中期・回復期と段階を追ってトレーニング。自宅で行っていただく内容もお伝えします。

▼ 専門知識を持つ理学療法士が常駐。

そして、来院時に宿題通りトレーニングができているか、次回の来院までに行っていただく宿題(トレーニング)を出します!痛みが取れるだけでなく、身体の状態の変化を感じていただけると思います。

バンコクで腰、膝などの手術後リハビリをお考えの方は、お気軽に当院までお問合せください(^^)

【よくある症状関連記事】
脛の痛み・シンスプリントを治療する
バレエで疲労骨折。再発を防ぐ治療とは?
繰り返す膝痛!ランナー膝は治るのか?
育児で腱鞘炎。鍋も子供も持てない。
寝違えた!自分で治そうとせず早めの受診を。
痛くて眠れない、洗髪も困難!五十肩
腰や膝などの手術後リハビリもJ-CLINIC
座っている時間が長い人は要注意! 脊柱管狭窄症
お尻、太もも、足先まで痛い!坐骨神経痛
捻挫で後遺症を残さない!早期治療とリハビリが重要です