J-CLINIC

会社情報

お電話からのご予約、お問い合わせはお近くの院まで。各院の営業時間はこちらをご覧ください。

  • トンロー院
  • プロンポン院
  • エカマイ院

マラソン大会前に膝と足首痛、出場できる?

こんにちは、バンコクJ-CLINICトンロー院の村上です。

ランナーの方々にとって、トレーニングしやすい乾季に入りましたね!今回はランニング好きの40代女性の膝痛・足首痛を例に当院の治療を紹介します。

ランニングが趣味のYさん(48歳・在タイ2年)は、年間を通して週3日くらいの頻度で練習を行っています。

今月開催されるバンコク・マラソン2019のハーフマラソン種目に出場予定ということもあり、9月後半から週5回と練習ペースを上げていました。その頃から、練習中に右膝裏と右足首に痛みが発症。特に、5Km過ぎたあたりから痛みが強く感じるようになりました。

<膝痛・足首痛の原因>
・使い過ぎによる筋肉の炎症
・走行時のフォームの崩れによりに負担がかかった
・古傷によって足関節が不安定になっていた

<J-CLINICの治療>
・筋肉の緊張を緩めるマッサージ
・超音波治療による痛みの緩和
・ランニングフォームのアドバイス
・フォームを安定されるためのインナーマッスルトレーニング指導

▼ J-CLINICのアスリート治療

Yさんは痛みが緩和されてから徐々に練習を再開。現在は大会の調整で通院されています。また、足の治療だけなく、今回の治療で身体全体のバランスを整えたことで来院前より走りやすくなったとおっしゃっていました(^^)
―――――
年間を通してランニング練習をしている方でも、大会前となると練習量が増えて疲労が蓄積されることで痛みを発症する方が多いです。

当院では、疲労回復のため治療、ランナーのためのテーピング治療も行っています。痛みが出た場合は早期治療を、また痛みが出ていない方でもハードな練習を重ねている方は怪我予防にメンテンナンス治療をお勧めします。

▼ J-CLINIC トンロー院(トンローソイ13・ホームプレイス地下1階)

Tel. 084-424-1299 (日本語OK)
診療受付 9:00-12:00 / 15:00-18:30
休診日 水曜・第4金曜午後

<ランナー治療関連>
脛の痛み・シンスプリントを治療する
繰り返す膝痛!ランナー膝は治るのか?
常夏バンコクでも快適な膝サポーター
膝のケガ予防にJ-CLINICのテーピング
マラソン大会前に膝と足首痛、出場できる?

<アユタヤ絆駅伝2019>
🔶 レセプションパーティに参加!アユタヤ絆駅伝
🔶 絆駅伝レポート2019・治療体験ブース編
🔶 絆駅伝レポート2019・テーピング編
🔶 絆駅伝レポート2019・みんなで走る編