J-CLINIC

お電話からのご予約、お問い合わせはお近くの院まで。各院の営業時間はこちらをご覧ください。

  • トンロー院
  • プロンポン院
  • エカマイ院

雨季は「湿邪」を取り除いて不調改善! ポイント3つ

こんにちは、J-CLINIC鍼灸漢方部門の吉田です。

前回の「雨季と頭痛の関係性」に続き、東洋医学の観点から雨季にまつわる身体の不調についてお話します。

雨季になると体内外に「湿邪」がたまりやすくなります。

【 湿邪とは? 】
湿気や雨、または体内の排水機能の低下により体内に溜まる余分な水分のこと。

この湿邪が体内に溜まることで、下半身を中心に下記のような症状を引き起こす方が多いです。

・お腹や足腰の冷え
・足のむくみ
・腰のだるさ
・消化機能の低下

この症状を改善するためには、まずは身体の表面の「湿邪」を取り除きましょう!

取り除くためには、この3つ↓をやってみてください。

(1)しっかり運動をして汗をかく
(2)代謝を上げる生姜やネギを食事に摂り入れる
(3)利尿効果のある冬瓜や大根を積極的に摂取する

▼ ちなみに、冬瓜(ฟักเขียว・ファックキヤオ)ですが、バンコクはお手頃です。

バンコクの市場ですと、1キロ・小さめ冬瓜1個で10Baht(約30円)。フジスーパーで買うと倍くらいのお値段かもしれません。

タイの東北部では冬瓜の収穫時期だと、1キロ2Baht(約6円!)だそうです。タイ料理だとスープにいれて食べることが多いそうです。ぜひ、雨季の食事に摂り入れてみてください。

もちろん、J-CLINICの鍼灸治療でも、お腹・足腰の冷え・足のむくみ・腰のだるさ・消化機能を改善する治療を行っていまので、お気軽にご相談ください。

▼ 今回のお話はバンコクマダム6月号にも掲載しています。

毎月、薬膳のお話や鍼灸漢方治療など、健康に関するミニコラムをバンコクマダムさんの誌面で紹介しています(^^)

<関連記事>
バンコクの雨季は長い!雨季と頭痛の関係性

<Bangkokmadamコラムバックナンバー>
イライラやPMSに「菊花茶」、目の充血にも効果

2017年11月号「生と乾燥生姜の違いとは?」

2017年12月号「咳に効く果物ミカン」

2018年1月号 「暴飲暴力に保和丸orパクチー」

2018年2月号 「コラーゲン補充に参鶏湯、産後に雌鶏」

2018年3月号 「抜け毛、貧血、冷え性には白胡麻?黒胡麻?」

2018年4月号「梅で三毒を断つ!タイは梅の季節です。」