J-CLINIC

お電話からのご予約、お問い合わせはお近くの院まで。各院の営業時間はこちらをご覧ください。

  • トンロー院
  • プロンポン院
  • エカマイ院

咳に効く果物ミカン

こんにちは、J-CLINIC吉田です。

日本の冬と言えば、「こたつにみかん!」ですが(今、こたつはあまりないのかしら・・・)、バンコクでも柑橘系の果物が手に入りやすい季節になりました。

なかでも、ミカン(タイ語はソムส้ม)は今が旬だと思います。

バンコクで売られているミカンの様子。

▼ 朝市とかですと、こんな感じ。
小さいミカンは1キロ40バーツ(120円程度)

▼ こちらのミカンは1キロ50バーツ(150円程度)

お値段表示は1キロ単位ですが、欲しい分だけ袋につめて渡せば、お店の人がはかりで測ってお値段を言ってくれます。

ちなみにこれはトンローの朝市なのでやや高めかもしれません(スーパーよりは安いですが)。オンヌットやプラカノンの市場などはもっとお手頃かもです。

あとは、荷台いっぱいにミカンを積んだトラックが突然やってきて、通りに路上駐車して、格安で売っている場合もあります。

これは、いつどこで出会えるかはわかりません・・・。なので写真が撮れず(――:)

フルーツのトラック販売はミカンだけではなく、ブドウ、イチゴ・・・など季節によっていろいろあります。

【 ミカンの効能 】

ミカンは薬膳の解釈では、喉の渇きを解消し、肺の粘膜を潤すので「咳」に効果的と言われています。

▼ 空気が乾燥しているせいか、この季節、バンコクのあちこちで、乾いた咳をしている人がたくさんいらっしゃいます。

また、ミカンは気の巡りを良くし、食欲を増進させます。

ただし、身体を冷やす性質もあるので食べすぎには注意しましょう。
—————–

ちなみに、バンコクで買うことができる柑橘系フルーツはいろいろあります。

・ポメロ、ザボン(ソムオーส้มโอ)

・ライム(マナーオมะนาว)

・こぶみかん(マクルートมะกรูด)

年間を通して買うこともできますが、やはりこの時期がおいしいですね。

——————-

▼ 今回のお話はバンコクマダム12月号にも掲載しています。

毎月、薬膳のお話など、健康に関するミニコラムをバンコクマダムさんの誌面で紹介していますので、良かったらご覧ください(^^)

【 バンコクマダム・ミニコラム 】
◆ 2017年11月号「生と乾燥生姜の違いとは?」