J-CLINIC

お電話からのご予約、お問い合わせはお近くの院まで。各院の営業時間はこちらをご覧ください。

  • トンロー院
  • プロンポン院
  • エカマイ院

生と乾燥生姜の違いとは?

こんにちは、J-CLINIC吉田です。

長い雨季が終わり、乾季がやってきましたね。

朝晩、涼しいと思える時間帯も!

そこで、今回は身体を温める食材「生姜(しょうが)」に関するお話です。

生姜は「生」と「乾燥」で効能に違いがあるのはご存知ですか?

【 違い 】

◆ 生の生姜:風邪の引き始めの寒気や透明な鼻水、嘔吐などに効果あり

◆ 乾燥した生姜:冷えが原因の腹痛や下痢、または身体の内部からの冷えなどに効果あり

【 バンコクで種類豊富なジンジャーティー 】

バンコクでは、生生姜はもちろん手に入りますが、いろいろなメーカーのパウダー状のジンジャーティー(乾燥生姜)が売られています。

味も、砂糖あり、砂糖なし、はちみつ入り・・・などいろいろで、お湯を入れるだけなので手軽さが魅力。

参考までに写真を載せますね。※ミニスーパー(マックスバリュー)で撮影したので種類が少なかったですが、BigCやグルメットマーケットなら種類豊富です。

▼ HOTTA はちみつ入り

▼ ラノーンティ 砂糖なし。

▼ 箱を開けると、小分けになって入っています。

▲ さりげなく載せましたが、この生姜のお話はフリーペーパー「バンコクマダム」でも掲載しています。

先月から、当院の広告スペースに鍼灸・漢方・健康などに関するミニコラムを書いていますので、ぜひご覧ください(^^)

ちなみに、サミティベート病院では、出産後入院している間、このようなパウダー状のジンジャーティー毎日出てくるそうで、母乳の出が良くなると看護師さんがいっていたそうです。

ただ、ジンジャーティーと一緒にチョコレートクリームたっぷりのケーキも出てきたそうですが(笑)※ 2016年に出産した方のお話です。

日本だと、最近は産後入院中のおやつはルイボスティーに甘さ控えめのスイーツだったりしますよね(^^)

生の生姜も乾燥タイプの生姜もバンコクでは手に入りやすいので、上手く取り入れて乾季を健康に過ごしましょう!