J-CLINIC

会社情報

お電話からのご予約、お問い合わせはお近くの院まで。各院の営業時間はこちらをご覧ください。

  • トンロー院
  • プロンポン院
  • エカマイ院

超音波と電気刺激を組み合わせた、痛みが取れる治療をバンコクで

こんにちは、バンコクJ-CLINIC エカマイ院 村上です。

今日は、鎮痛効果の高い「超音波・ハイボルテージ治療」について改めて紹介します。怪我の痛み、長年の腰痛で苦しんでいた方などに好評いただいている、治療法です。

 

1.「超音波・ハイボルテージ治療」とは?

表層の筋肉の緊張を高電圧の電気で緩めながら、手では届かない深部の筋肉を超音波でほぐすコンビネーション治療器です。

世界のトップアスリートたちも日々の練習の後に、コンディションを整えるため、こういった電気治療を取りいれている選手が多いです。

 

2.期待できる効果

 

細胞の修復を促進するためケガの治りを早くして、痛みを緩和する効果があります。

 

▼ 超音波・ハイボルテージ治療の効果

 

3.どんな症状を治療できる?

 

ぎっくり腰、慢性の肩凝り、五十肩、坐骨神経痛、腱鞘炎、捻挫、肉離れ、また手術後のリハビリテーションに効果的。

また、大人の方だけでなく、お子さんによく見られるオスグット病、シンスプリント、スポーツによる様々な怪我の治療にも適しています。

 

4.超音波&電気刺激のコンビネーション治療の特徴

 

手技では届かない深部の筋肉の治療をすることができます。

 

疾患部に対して、2つの刺激を働きかけることで、治療効率を高めます。

 

5. 手技治療と組み合わせる

 

高性能の治療器も重要ですが、そこに手技治療を組み合わせることで、治療効果をさらに高めることができます。

 

▼ 勉強会の様子。治療効果を高めるため、手技治療技術の向上にも力を入れています。

 

モーション&マニュピレーション療法は、手技と電気治療によって、可動域の悪くなっている関節に動きをつけてほぐしていく療法です。

この方法でトリガーポイントをより早く治療することができます。

 

6.症例紹介

過去に紹介した「よくある症状」の症例でも、この「超音波・ハイボルテージ治療器」を使って治療しています。

▼ 症例ブログ

使い過ぎでスイングができないほどの肘痛
ゴルフバックを持ち上げたらギックリ腰!
育児で腱鞘炎。鍋も子供も持てない。
痛くて眠れない五十肩
バレエダンサーによくある症状(股関節と膝関節の痛み)
小学生男子に多いオスグッド・シュラッター病
治療後の剣道大会で入賞!姿勢も別人のように。

 

▼ この電気と手技治療を組み合わせた、腰痛治療の様子です。

———–

いかがでしたでしょうか?

症例以外でも、原因がわからず治らないとあきらめていた痛み、年齢のせいだから仕方がないと思っていた痛み、手術をしても痛みがとれない疾患など、ございましたら当院までお気軽にご相談ください。